Miercoles Junio 19 2019 
Kinsei Fuyouron por Tsuneaki Kakisu Gratis

Descargar Kinsei Fuyouron por Tsuneaki Kakisu Epub y PDF


Detalles del Ebooks

Autor (s): Tsuneaki Kakisu

Título: Kinsei Fuyouron

Número de páginas: 166

Fecha de lanzamiento:

ISBN: 0

Editor: None

Langue: Español

Formato: Epub

Tsuneaki Kakisu con Kinsei Fuyouron

 
歴史学者によると近世とは早期現代ということのようです。それは中世と現代との間に存在する時代であり、中世でもなく、現代でもない、その中間の時代といわれています。なんとも歯切れの悪い、ややこしい区分です。果たしてそんな時代は存在するのでしょうか。 歴史学者は鎌倉時代と室町時代は中世であり、江戸時代は近世として区分しています。つまり中世は室町時代で終わりを迎えたという主張です。子供たちの教科書にそう書かれています。しかし私はこの時代区分を認めません、それは誤りであり、歴史の理解を不正確なものにします。 鎌倉時代は中世です、そして江戸時代も中世です。十二世紀から十九世紀までの七百年間、日本の国家体制は一貫して分権制であり、封建領主たちがそれぞれ独自の領国において自分たちの領民を統治していました。 頼朝は関東の地に分権制を導入しました、それは分権制の誕生でした。足利義満は分権制を(不完全なものでしたが)全国へと拡大し、そして秀吉や家康は分権統治を完成させました。江戸時代は分権統治の盛期です。全国は二百六十の封建領国となって分割され、そして国家権力は二百六十の領主権となって分けられていました。 この分権制は西郷隆盛や大久保利光によって廃止されます。廃藩置県の断行です。分割されていた国土と国家権力は一元化されて、全国の兵と税は中央(東京)に集中しました。中央集権国家の誕生です。こうして分権制は生まれ、成長し、そして死を迎えました。それは七百年の生涯でした。それが中世です。  一方、古代では中央集権制が採用されていました。古代王が国土と国民を一元的に管理し、支配していました。そして現代も中央集権制が国家体制の基本となっています。国民(国民の代表)が国民を一元的に統治しています。古代と現代の中央集権制の違いは前者が人治であり、そして後者が法治であるということ、そしてその変更は明治維新で行われました。 したがって日本の歴史はこの三つの異なる支配者と国家体制の変転です。そして古代から中世へと変わるとき、中世化革命が起き、そして中世が現代へと移行するとき、現代化革命である明治維新が起きました。支配者と国家体制が三者三様になって現れた、それが日本の歴史です。すなわち三つの支配者と国家体制こそ日本の歴史を決定つけているものであり、これによって日本の歴史は区分されるべきです。それが古代、中世、そして現代です。 しかし歴史学者は四つの区分を主張しています。近世という実体を欠いた、架空の時代を無理に挿入しています。彼らは室町時代で中世は終わったとする、それは中世を半分に断ち切り、中世の後半部を切り捨てることです。それは歴史の曲解です。このような主張をしますと明治維新の理解があいまいなものとなり、日本の歴史の進展がぼやけてしまう。この過ちの原因はこの本において詳述します。  この本は日本と西欧の中世を正確に描くことを目指しています、そして近世という時代区分は不要であり、むしろ不合理であることを証明します。そして古代、中世、そして現代という三つの時代とその美しい段階的発展を明らかにします。 中世とは文字どおり中世を構成する要素からなる時代であり、それ等の要素は古代にも現代にも認められない中世固有のものです。中世を構成する基本要素は次のようなものです。     盟主:     中世王     支配者:    封建領主(中世王は封建領主の一人)      国家体制:   分権制     安全保障:   双務契約     政治形態:   主従政治     思想:     平等主義と現実主義の出現 これ等は鎌倉時代から江戸時代まで一貫して存在する中世の統治基盤です。そしてこれらの事柄のほとんどは中世とともに消滅するものであり、その一部は現代へと持ち込まれ改良されるます。これらについてはこの本において解説します。 中世を定義することで日本人が古代から中世へと移行した原因が、そして中世から現代へと移った理由が明らかになります。そしてそれは歴史上の私たちの今の立ち位置を明らかにし、私たちの抱える問題、課題を整理し、そしてこれから私たちが進むべき方向を指し示すことでしょう。
Un libro especialmente para ti! Para los verdaderos amantes de los libros y leer, nuestro sitio presenta la oportunidad de descargar el libro Kinsei Fuyouron. No es necesario registrarse. Nuestro recurso en línea proporciona una amplia gama de diferentes formatos de libros Kinsei Fuyouron. Gracias a esto puedes leerlo en diferentes tipos de dispositivos.

EPUB o ePub (acrónimo de la expresión inglesa Electronic publication - Publicación electrónica) es un formato redimensionable de código abierto para leer textos e imágenes. Desde EPUB3 permite también adjuntar audio.

El formato se diseñó redimensionable para adaptarse a distintos tamaños de letra y pantalla. También se puede cambiar el tipo de letra. El formato fue creado por International Digital Publishing Forum (IDPF), como un formato específico para visualizar libros. Los archivos ePub terminan con la extensión .epub.

En su estructura se marca el contenido, pero no se delimita su formato de pantalla, que se adapta a las dimensiones de las diferentes pantallas de los múltiples dispositivos, como los distintos modelos de lectores de libros electrónicos.

EPUB se convirtió en un estándar oficial del International Digital Publishing Forum (IDPF) en septiembre de 2007,​ cuando se deroga el anterior estándar Open eBook Publication Structure o "OEB", publicado originalmente en 1999.